So-net無料ブログ作成

プロパガンダ放送の現状と思うこと [雑感]

footprints of invader's photo

雪の翌朝に残された我が家への不法侵入者の足跡


プロパガンダ放送の現状
 戦時中は勿論の事、戦後の平和な状況でも、オーム真理教がエバンゲリオン放送局を開設して布教活動をしたり、国境付近でのスピーカーによる虚偽放送など、様々なプロパガンダ放送が有ります。ここでは、テレビ放送に見られるプロパガンダ放送の方法を思い当たるままに列挙しました。貴方にも、思い当たる節はありませんか。ロパガンダ放送は、内容によって法的に問題となる場合も有り、迂闊に乗せられて馬鹿を見ないようにしましょう。


1.数の力による、袋叩き討論会
 ある者を悪者にして、本来平等数の意見を伝えるべき所を、一方的な袋叩き状態にする討論会。団体の所属人数では無く、団体数で各団体の意見を聞き、悪者を仕立て上げる。社会を良くするために、討論項目について、自らの考えを持ちましょう。


2.事件も無いのに強権発動
 事件でもないのに悪人を決めつけ、勧善懲悪的に報道する場合が有る様です。これにより、社会的に抹殺される場合も有る。TV版幸福の手紙でしょうか。幸福の手紙については、次のようなものです。このような人達によって、私達は苦しめられています。このような人達が居なくなれば、私達は幸福になります。この手紙を貴方の知り合いに知らせてください。幸福の手紙は、一方的に事件を創り上げ、気に入らない人物を社会的に抹殺しようとするものです。幸福の手紙は、巧妙に作られた不幸の手紙に他なりません。

(1)写真の使い方
 人は様々な表情をしますが、悪人は悪人に見える写真を使用する。善人は優しそうな写真を使用する。外見による差別は、一方的な報道により、その影響を受け易い青少年など被害者を誘発しかねない。
 詐欺事件などでは、加害者は優しそうな、或いは親切そうな顔をしているからこそ、騙されて被害者になるのです。

(2)街の人の意見 - 人物層による決めつけ
   人物層により、悪人を支持する人はこのような人、善人を支持するのはこのような人と世論誘導される可能性が有る。若者の意見、ビジネスマンの意見とかですが、あくまでも個人の意見であり、どのような意見を採用するかは、TV局次第です。TV局の意見を、押し付けられているようです。
(3)街の人の意見 - 数による世論誘導
 連日のように、一方的な多人数の意見報道による、世論誘導も有ります。大半の国民が、そうに思っているのでは仕方が無いと容認させる。


3.重要事項の隠蔽
 重要事項を隠蔽するために、あるいは問題をそらして支持を得るために、他の事柄を大きく取り上げて放送します。

(1)お祭り騒ぎ
 国民に取って重要な事柄を隠蔽するために、ゴシップ的な出来事を連日のように大きく取り上げるお祭り騒ぎ放送。これにより、本来考えなくてはならないことを忘れさせる。国によっては、政府に対する不満を和らげるガス抜き放送も有る様です。

(2)時間
 特定の個人、団体や政府などのニュースで、本来詳細に報道すべき所を、テロップだけとかで短く済ませてしまう。あるいは、視聴率の少ない時間帯のみに報道する。


4.土下座事件的な反省強要
 以前、土下座事件という「難癖・いちゃもん」を付けて、お店の人を土下座させて金品を強要する事件が有りました。火(非)の無い所に煙は立たずという事でしょうが、法下では問題の無いのに問題の有る放火事件も有る様です。これにより留飲を下げるか、品性は下げないのか、甚だ疑問です。


5.心理誘導放送
 過去には、光の変化による悪影響を与える放送が有りました。今は、報道とは無関係の音声や音楽により、深層心理に働きかける世論誘導も有る様です。ライブ・ストリーム放送では、後で「一部、お聞き苦しい所が有りましたので、お詫びいたします。」というのは、たまに見ます。


6.フェークニュース(虚偽放送)
 トランプ大統領が「フェークニュース大賞」を発表されましたが、ニュースソースの誤りや、内容誤認による過失と暗黙の了解によるフェークニュースが有るようです。ライブ・ストリーム放送では、後で「今のニュースの中に、誤解を与えかねない報道が有りました。お詫びいたします。」で終わってしまうことも有る様です。


7.世論調査による世論誘導
 RDD方式による無作為抽出の電話による調査は一見正確に思われますが、時間帯により電話に応答できる人が特定層に偏り易い。積極的に意見を述べている人達の意見に左右され易い。また、調査の時期が放送の時と異なる場合が有り、視聴時点では既に変わっている内容を意図的に放送する。
 TVのボタン投票は、インターネット接続のTV受信機所有の人達の意見です。正確に分かりませんが、同じ生活様式をしている数パーセントの人達の意見です。TV放送内容が、押したボタンにより異なる合成された映像が表示されます。それなりに視聴者は楽しめますが、視聴者数から見て参考意見のようです。数が少ないので、特定関係者の意見になり易いようです。


思うこと
 マスコミは第四の権力と言いますが、事件的な報道は、警察発表のみに留めるべきかと思います。近代国家は、立憲主義に基づく法治国家が前提です。また、憲法により国民の人権が守られています。社会的制裁は、法律に基づくのが原則です。「罪を憎んで人を憎まず」、ジャーナリストは、社会が産み出した悪人を無くす様に法整備を求めるのが、本来の役割かと信じております。テレビ放送等のアナウンサーは、ジャーナリズムを持ち、社会的に尊敬される存在でいてください。国民のために、法律上NHKという公共放送が必要であり、放送受信設備を有する視聴者が支える仕組みとなっていることを忘れないでいただきたいと思います。

 TVに出演しているキャスターは、私達視聴者宅を訪問しているのと同様に、顔・姿を見せています。環境保護等の社会的な訴えを行いながら行動が伴わないような服装や、一般人にとって、TV出演の「晴れの日」を台無しにするような放送が無いように、十分にチェックしてください。また、個人的な外見や志向・嗜好・行動による偏見報道は、差別を産みかねませんので、配慮していただきたい。「言うは易し、行うは難し」ですが、視聴者に呼びかけるだけでなく、模範を示してくださいませ。
   
 よろしくお願いいたします。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


お礼・お願い ('-'*)♪

ブログランキング
FC2ブログランキング

 「気ままにお花し」の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます[るんるん]
 差し支えなければ、niceをクリックしてください[決定]
 また、励みになりますので、読者登録や、コメントなどいただけたら嬉しいです[手(パー)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。