So-net無料ブログ作成

創作小話 ー 続十二支物語 [お話]

Photo of SuperMoon2018NewYear

2018年元旦のスーパームーン


 お正月に、神様の前に現れた十二の動物たちは、一年交代で神様のお使いとして主役を務めることになりました。これを十二支と称していますが、猫は仲間外れにされていて、可哀想ですね。
*******************************************************************************************
ねずみ(子:ね=鼠)、うし(丑:うし=牛)、とら(寅:とら=虎)、うさぎ(卯:う=兎)、りゅう(辰:たつ=竜)、へび(巳:み=蛇)、うま(午:うま=馬)、ひつじ(未:ひつじ=羊)、さる(申:さる=猿)、とり(酉:とり=鶏)、いぬ(戌:いぬ=犬)、いのしし(亥:い=猪)
********************************************************************************************


 平和な生活をしていた社会も、度々(たびたび)争い事がありました。色々な動物たちとの交流も増えてきました。動物たちの社会も、日本とアジアだけでなく、いろいろな場所で地球各地から様々な動物が暮らすようになっていました。


 竜に似た首の長いキリンや、お鼻の長い象、珍しい白黒の熊さんが暮らしています。それぞれ、各地の王様の下で暮らしていました。だんだん、暮らしが贅沢になり、お日様の有る明るい間だけでなく、夜行性の動物もおり、24時間どこかで動物たちの暮らしぶりが見れるようになっております。


 ある島国では、独特の生き物が発達してきました。その国の王様の意見で、特殊な才能を持つ動物が珍重されたのです。遠くからでも、他の動物の暮らしが見える不思議なドロン鳥や、家の外から中の会話が聞こえるトー鳥、知らない内に飼い主の様子を外に伝えるカンシ亀、このカンシ亀は外から操られ、他の動物の声真似をする種類も出てきました。


 この島国の王様は、特殊な動物を可愛いがっており、他の国に自慢しておりました。この王様が、十二支にならい王様のお使いを新しく決め、ご褒美を出すことにしました。人々は、競ってその能力を高めさせようとしました。争うように世界各地で特殊な動物を育てるようになりました。

 
 動物学者の進言で王様は、ドロン鳥にカンシ亀を載せてよその国の様子を調べさせました。この悪い動物学者は次の様に王様に進言しました。「様子を見るだけでは無く、よその国でどのように特殊な能力を身に付けさせようとしているのかが分かり、それを見てから先に新しい能力の有る動物にした方が簡単ですよ。」、「私たちの国が、先にその動物を育てたのだと主張すれば良いのです。」
 
 王様は、少し後ろめたさを感じながらも、誘惑に負けてしまったのです。



動物学者は、他の国の動物に欠陥の有ることを見つけ、盛んに「あの国の動物は、危険だ」。それ以外の国に対して、「あの国が、危険な動物を使って戦争を始めるぞ。さあ大変だ。」とワーワー(war,war)叫んだのです。


 この時、古い十二支のネズミは、敏感に世界の危機を感じていました。「新しい動物は、確かに良いかも知れないけれども、今まで神様のお使いであった僕達まで、覗き見られて嫌がらせを受けるぞ。何とか、しなくては!」 実際、古い動物の子供たちが虐められて、苦しみ始めているのです。ネズミは、国の様子があやしいのを外に伝えました。何より平和が大事、戦争だけは避けなければなりません。


 動物学者は、誰にも分らない方法で動物たちを従えることが出来ると喜んでいました。「全ての手柄を独り占めできるぞ」とほくそ笑みました。「ネズミの言う事など、誰も信じまい。」と思っていました。


 他の国も、この島国の様子がおかしいのに、気付いていました。他の国では、神様を信じて毎日祈りを捧げる者が多く、大っぴらに仲間に嫌がらせをする者など信じられませんでした。この島国からは、おかしなネズミがワーワー騒いでいるだけですと伝えられていました。
 

 動物学者は、ネズミのこの動きが気に入りません。ネズミに不寝(ねずみ)番を付けて虐めてやれば、従うだろうと考えていました。最も新しいカンシ亀を、ネズミの家に忍ばせました。遠隔指令でカンシ亀に嫌がらせの言葉を浴びせ、このネズミの様子を世界中に伝えました。ネズミは、考えられないような非常識な扱いをうけました。ネズミは、トイレやおふろ、寝室まで24時間の不寝番体制で、甚だしい動物虐待を受けました。ストレスのせいで毛が抜け始め、ひどい状態です。 


 ネズミは、この様な状態に気が付いてから毎日、神様にお祈りをしました。「世界中の動物が、平和で文化的な生活を営み、希望が持てる社会となり、苦しめられる動物が無くなりますように。」 180日以上経ってから、神様が「このような時こそ、神様の力の見せ所だ。お前(ネズミ)をずっと見守っているから、お前(ネズミ)が平和で希望が持てる社会を作りなさい。力を貸して進ぜよう。」と、お伝えになりました。


 ネズミは散々苦しめられながらも、全ての動物たちが希望が持てる社会を考えることにしました。この地球上に、どのくらいの動物が暮らしていけるのだろうか。食べ物は、着る物は、家は、暮らしは、どうすれば良いのでしょう。弱肉強食といえども、お腹を満たせば、他の動物を虐めることはできないはずでした。全ての動物が、他の動物にむやみに虐げられずに、安心して暮らして行けるようにするには、どうのようにすれば良いのでしょう。


 ネズミは、ネズミなりに考えをまとめ、他の動物の意見を聞くことにしました。最近の新しい動物は、動物学者にいいように扱われてしまうので、十二支の動物の意見を聞いてまわりました。流石に、交代で神様のお使いを務めていた動物達です。全て集まれば、神の知恵が出ます。


 十二支の動物は、神様にその考えを伝えました。神様は、その内容を見て、しばらく考えた後に答えました。
「実のところ我々神々は、今の動物達がこのままでは滅びてしまうが、また一から色々な動物を造っても楽しかろうと思っていたんじゃ。」
「十二支たちで、この地球上の全ての動物が安心して暮らせるようにまとまって、良かったなあ。」
「全ての動物で、分をわきまえて暮らすのだぞ。忘れるでないぞ。」

 
 このようにして、地球上すべての動物が、皆が希望を持って、安心して暮らせるようになりましたとさ。

 めでたしめでたし。




nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 3

FineSmile

単なるジョークですが、ここの名前には、ちょっとしたユーモアが隠れています。あなたには、お気づきでしょうか?


ドロン鳥(ドロンチョ)https://www.youtube.com/watch?v=1civrhhvsDg

カンシ亀(スパイガメラ)
https://www.youtube.com/watch?v=ScaCuJXwMIg


droneとtalking spy cameraには、気を付けましょう。OMG(ああ、神様)

by FineSmile (2018-01-24 16:07) 

Candice

Yooᥙ imply liҝe when we sing reward songs in Church?? Larry asked
and daddy nodded. ?Well I could make up a worship song.?
So Larry jumped to his ft and strted to makе up ɑ ѕong to a
very bad tune. ?Jeaus iis so ϲool. Itss fun being with God.
He iss the funnest God anybody could have.? Larry szng very badly so
Lee had put his palpms over his еars.
by Candice (2018-01-26 06:17) 

Ezra

Hoᴡever, іt has to be understood that thе quantity of weight to ƅe lifted kеeps on decreasing
аs tһe distance from crane center increases. Ƭhe Optimum 50 comes with a
maximum 5 metre safe functioning height. Eveгybody
wһο was around in tһe 80'ѕ oսght to know who Dr.
by Ezra (2018-07-08 14:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。


お礼・お願い ('-'*)♪

ブログランキング
FC2ブログランキング

 「気ままにお花し」の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます[るんるん]
 差し支えなければ、niceをクリックしてください[決定]
 また、励みになりますので、読者登録や、コメントなどいただけたら嬉しいです[手(パー)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。