So-net無料ブログ作成

仲秋の名月に思いを馳せる [お話]

 今日は仲秋の名月、グレゴリオ暦の15日と太陰太陽暦(以後ここでは太陰暦とします)の15日が一致する珍しい年となっております。月に思いを馳せ、色々と考え、お月さまにお月見団子をお供えして、お月さまに願いをしました。月について色々調べたまとめです。


【仲秋と日本の四季】
 仲秋(中秋)の名月、この仲秋とは太陰暦の四季(春:1月・2月・3月、夏:4月・5月・6月、秋:7月・8月・9月、冬:10月・11月・12月)の初秋(7月)・仲秋(8月)・晩秋(9月)の仲秋のことです。現代の感覚からすると、少しずれている様な気もしますが、日本での四季を言う場合「暦ではもう・・です」と伝えられます。今でも農作業などでは、二十四節季が作業の目安となっているようです。


【月の海による月の例え】
 月はいつも同じ姿を見せています。月の海の模様とその向きにより日本では「ウサギの餅つき」や「二宮金次郎」に例えられていますが、世界で様々に例えられている様です。世界の地域により「バケツを運ぶ少女」、「本を読む女性」、「蟹(カニ)」、「髪の長い女性」、「吠えるライオン」、「ワニ」、「ロバ」などに例えられている様です。参考出典(動画):意外と知らない月うさぎ伝説と正しい月うさぎの模様の見方

kuzu.jpg


【お供えと秋の七草】
 お月見には、作物の収穫に感謝して、すすき(稲穂に似ているため)、お団子(15夜に因んで15個=1段目9個+2段目4個+3段目2個)と収穫物をお供えします。さらに秋の七草(薄、萩、なでしこ、葛(くず)、女郎花(おみなえし)、藤袴、桔梗)があれば、より正式なお供え物になります。
出典:【お月見】団子、サトイモ、ススキ、お供え物に込められた意味とは


【月がいつも同じ面を見せている理由】
 月がいつも同じ顔(面)を見せて居るのは、不思議な気がします。これは、月の自転周期と公転周期が一致しているためです。月と地球の引力(潮汐力)のために公転と自転が一致しているという学説です。地球とその衛星である月の様に距離の近い衛星関係に有る星では珍しいことではないそうです。その自転・公転周期は27.3日、月の満ち欠け周期は29.5日と異なっています。参考:中学理科【地球と宇宙】 月の満ち欠けの周期と月の公転周期がずれる理由


【月の公転周期と満ち欠けの周期がずれる理由】
月の公転.jpg

① 太陽-地球-月が一直線に並んだ時が満月です。月の公転周期が27.3日なので、27.3日経てば、また太陽・地球・月が同じ配置になり満月になると思いがちです。
② 地球もまた太陽の周りを回っています。そのため27.3日後は太陽・地球・月と一直線の配置には成りません。私達に次の満月が見えるのは、月の公転周期よりも少し月が動いた位置となります。


【月の満ち欠け周期】
月の満ち欠け.jpg

③ 次の満月、太陽-地球-月が一直線に並ぶ時は、29.5日後となります。
月の公転周期と満ち欠けの周期がずれる理由は、地球も太陽の周りを公転しているから地球の動きとの差が有るからです。地球が太陽の周りを動く(公転する)ので、月の公転周期より月の満ち欠けの周期は長くなる
④ 月の公転周期は27.3日なので、1日に月が動く角度は、360÷27.3=約13.2度となります。太陽から見て1日に月の動く角度=約13.2度-地球の動く角度=約1度=約12.2度となります。太陽から見て地球と月の一直線に並ぶ周期は360度÷12.2度=約29.5日となります。よって、月の満ち欠けの周期は29.5日となります。


【お月見の名称】
 旧暦15日の月(ほぼ満月)は日没頃に昇り、以後数日間も夜間に上るため月見に適しており、特に様々な名称が付された
 十四日は小望月(こもちづき)・幾望(きぼう)・待宵の月(まつよいのつき)、日没後しばらくしてから上る旧暦16日の月は「いざよい」(ためらう、なかなか進まないの意)・既望(きぼう)、以後、17日は「立待月」(立って待っていると出てくる)18日は「居待月」(座って待っていると出てくる)19日は「寝待月」(寝て待っていると出てくる)・「臥待月」(ふしまちづき)20日は「更待月」(ふけまち。夜が更けてから出てくる、あるいは更に待つと出てくる)と、月の出が遅くなるごとにふさわしい名称が付けられています。なお、「夕月」は日没前後に見える月の総称で、「有明の月」は明け方になってもまだ残っている月の総称です。
出典:Wikipedia「月」


【スーパームーン】
 新月や満月時は、太陽・地球・月が一直線に並びますが、月の周回軌道により月の近さ(大きさ)が異なり30%も大きい場合も有るそうです。近年、このような月をスーパームーンと呼んでいます。2016年は11月14日、何と2018年は1月1日の元旦がスーパームーンとなるそうです。


 スーパームーンは、大潮の関係などで地球に目に見えない力で影響を及ぼしています。スーパームーンに願い事をすると願いが叶うとも言われています。月には不思議な力が有り、時には大地震とも関係が有ると言われています。
出典:宇宙のはて


【伝説?】
 月の裏側には色々な物体が存在すると言われています。NASAの公式発表では無いため、信憑性の疑わしい伝説に近い話と思っておりますが、ロマンを感じます
月面で発見!乗り捨てられた古代宇宙船と都市文明
かぐや姫は実在した? 月で発見された女性のミイラ - オレ達の都市伝説


【地上から見た月の光】
 地上から肉眼で直接太陽を長時間見ると、失明の恐れが有ります。月は、太陽の光を反射しているため、肉眼でもじっくり観察できます。地上から見える月には、稀に月暈(つきがさ、げつうん)、月虹(げっこう)・白虹(はっこう)といった光に包まれる現象が有ります。(かさ、halo、ハロー、ハロ、ヘイロー)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことです。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈と言います。月虹は夜間に月の光により生じる虹光が弱いために色彩が淡く、虹が七色ではなく白く見えることから、白虹とも呼ばれます。


【月に願いを】
 新聞では、土井晩翠の「荒城の月」を話題にしていました。ここ茨城では日没後早い時間に、春のような霞に包まれた朧月(おぼろづき)が観察されました。仲秋の名月に「全世界の恒久平和」のお願いを致しました。朧げながら、願いが届けられた気がします。地球全体でその様な意思が明確であれば、ハッキリ見えたのでしょうか?暗雲立ち込めてはいませんでしたので、これからの皆の意思と行動でしょうか?




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


お礼・お願い ('-'*)♪

ブログランキング
FC2ブログランキング

 「気ままにお花し」の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます[るんるん]
 差し支えなければ、niceをクリックしてください[決定]
 また、励みになりますので、読者登録や、コメントなどいただけたら嬉しいです[手(パー)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。