So-net無料ブログ作成
検索選択

マイクロチップ人間(Human Microchips) [雑感]

 今日は、マイクロチップについて考えて見ました。科学の進歩は、まさしく日進月歩です。以前からマイクロチップの動物や人への適用と言うニュースは有ったのですが、知らぬ間に一般化してきているようです。人に対してのマイクロチップの組み込みを禁止する法案の必要性を感じています。


 日本では動物愛護管理法によって、犬やねこなどの動物の所有者は、自分の所有であることを明らかにするために、マイクロチップの装着等を行うべき旨が定められています。犬・猫用のマイクロチップは、環境省-動物の愛護と適切な管理-マイクロチップをいれてますか?に記載されています。


 人間用のマイクロチップ装着については、2016年8月25日のCBS(アメリカ最大のテレビ局)ニュースとして、スーパーヒューマンマイクロチップ技術を採用しているオーストラリア人のニュースになっています。ダイエット、運動、睡眠に関するを医師と共有できるようです。LA Times 2017年4月3日の記事には、企業は労働者の身体にマイクロチップを移植するスエーデンの企業の話題が掲載されています。


 NBC Newsは、人のためのマイクロチップのアイデアを正常化する試みを続け、子どもたちが「遅かれ早かれよりも早くマイクロチップ化される」という報告書を放映し、アメリカ人は子供たちをより安全にするためこれを受け入れるだろう。と伝えています。*1
アメリカでオバマケアの見直しが議論されている背景には、このマイクロチップ医療機器についての誤解が背景に有るようです。*2


 RFIDの大きさは、2007年に日立が0.05mm×0.05mm×0.005mmのパウダーチップを発表しています。*4 その後の記事は見つけられませんでしたが、半導体の集積率は年々向上していますので、10年経過した今はこのサイズにどのような機能が組み込まれるのかが不明です。このような極小マイクロチップが使用されれば、私達の知らぬ間にマイクロチップが組み込まれている可能性も、否定することはできません。


 人々の強制的なマイクロチップ化は、人の自由を侵害します。インドネシアの司法省は、移植されたマイクロチップを使って強姦犯を追跡したいとしている。詳細は不明ですが、犯罪者や、軍での遭難者等に対する捜索活動には有効であるとして、使用されるケースが出てきているようです。

 人の見ている映像を脳からムービークリップとして取り出すことは、2011年に発表されています。2014年には2人の科学者が脳によりお互いに考えを伝えることを行いました。他の研究では、コンピュータは脳活動だけを使って人々が夢見ていることを「見る」ことができることが示されています。*3


 このような人に対して強制的なマイクロチップの組み込みは、奴隷的扱いに繋がります。日本でも、私達日本人に対してのマイクロチップの組み込みを禁止する法の速やかな成立が待たれます。
 
 
 
 
【注】
*1:NBC: Your Children Will Definitely Be Microchipped
*2:Does 'Obamacare' require Americans to be implanted with microchips?
 Human GPS Microchipping: Embrace it or ban it? 2011.03.14
*3:Live Science:Mind-Reading Computer Instantly Decodes People's Thoughts
*4:RFID パウダーチップ

【参考】
LAS VEGAS REVIEW-JOURNAL 人々の強制的なマイクロチップ化を禁止する法案:ネバダ州ベッキー・ハリス上院議員
英語版Wikipedia:Surveillance(監視技術:監視技術、衛星映像監視や生体認証、人マイクロチップ等について) 


梅の木剪定後の画像

梅の木を剪定ー水圧でアブラムシを除去しました





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


お礼・お願い ('-'*)♪

ブログランキング
FC2ブログランキング

 「気ままにお花し」の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます[るんるん]
 差し支えなければ、niceをクリックしてください[決定]
 また、励みになりますので、読者登録や、コメントなどいただけたら嬉しいです[手(パー)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。