So-net無料ブログ作成
検索選択

もうひとつのテロ対策(人権と平和) [雑感]

 国会で、テロ対策として組織犯罪処罰法改正案が検討されていますが、もう一つのテロ対策として、世界的に人権保護に功績の有った人・団体に贈る仮称人権国際賞創設など、効果が有るのではないでしょうか。


日本国憲法 第十章 最高法規には、次のように規定されております。

第十章 最高法規
第九十七条  この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。
 
第九十八条  この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
○2  日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。

第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。



 日本の安全保障を考えた時に、人権を最高法規とする現在の平和憲法の理念に基づき、それを範として世界に広めるために、世界の人権に貢献した人を対象にした国際賞を新設しては如何でしょうか。基金として100億円も有れば、十分な国際賞が出来るでしょう。この国際賞により、日本が人権を何より大事にしている国で有る事を、世界にアピールできます。
 
 一説によると、F14トムキャット1機分の価格が118億円と言われていますので、同程度の価格で創設出来ます。これにより、日本が世界の人権に貢献している事を世界にアピール出来ます。これが、日本の平和国家としての信用を高め、ひいては国を守る事に繋がることでしょう。人権を大事にする平和国家と言う信頼が有れば、いざという時に他の国々から、応援して頂けることでしょう。これにより、日本の平和にも繋がります。


 以前より増して、日本人を標的にした事件が発生している気がしています。他国と対立を深めればテロの脅威にさらされる可能性が高くなります。軍拡競争は、際限が有りません。F14トムキャット1機よりはるかに効果が高いと考えられます。


 また、憲法で最高法規に定められた日本国民の人権を守ることができます。大学や企業誘致とかの経済効果も有りますが、このような国際賞の選考、発表や、顕彰モニュメント展示などでの効果を考えても良いのではないでしょうか。


 国際紛争発生等の緊急時の在留邦人避難は、従来通り政府専用機又はチャーター機で対応すれば、平和国家として戦争回避できます。このような時も、安全に避難できるのではないでしょうか。

 人権国際賞創設等のテロ対策も、検討に加えては如何かと考えております。

美女なでしこの画像

満開の美女なでしこ


カンパニュラの画像

自宅庭のカンパニュラ



 
参考:在外日本人救出のためのチャーター機・政府専用機







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


お礼・お願い ('-'*)♪

ブログランキング
FC2ブログランキング

 「気ままにお花し」の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます[るんるん]
 差し支えなければ、niceをクリックしてください[決定]
 また、励みになりますので、読者登録や、コメントなどいただけたら嬉しいです[手(パー)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。